スポンサードリンク♪

これからは職業や職種を選択する時に、AIやロボットに取って代わられないかどうかを判断材料の一つにすると良いかも♪好き嫌いも大切だけど…

おはようございます♪波蔵です。
今現在、学生や求職中の方で職業や職種で悩んでいる方へ。これからは職業や職種を選択する時に、AIやロボットに取って代わられないかどうかを判断材料の一つにすることがとても大切なのかもしれません。

例えば、裁判官の仕事って難しそうですし、そもそも裁判官になるのも難しいですよね?ですがある国では判決を出すのにもう既にAIが活躍しています。判例によっては判決を出すのに、人間よりAIの方が優秀なんです。何故か?裁判官が判決を出すのにすることって沢山ありますがその一つに過去の判例や判決を元にして、どんな判決にするのか考える作業があります。この作業がAIの方が人間より圧倒的に優秀なんです。AIであれば膨大な量の過去の判例や判決のデータの中から今回の判例とを照らし合わせて、懲役何年にするのか?執行猶予は?等を人間よりも短時間で出す事ができるからです。

勿論人間でも記憶力が凄くて優秀な人は、「俺はAIには絶対負けない」って思う人もいるかもしれませんが、人間が絶対にAIやロボットには勝てない部分があるんです。何だと思いますか?それは、人間にとってとても大切な睡眠や休日、休憩です。これAIやロボットには必要ないんです。故障やトラブルが起きない限り365日24時間働き続ける事ができます。勿論AIやロボットにもメンテナンスの時間は多少必要かと思いますが。しかもAIやロボットは愚痴一つ言わずにひたすら働いてくれます。

今はまだ人を雇うコストよりもロボットやAIを導入するコストの方が高いから、導入されていないだけでコスト面をクリアーできるようになってくれば、これから益々ロボットやAIが導入されるようになり、必要なくなる人が沢山出てくるでしょう。必要されなくなった時に慌てても遅いんです。なので学生さんだけでなく、今現在サラリーマンの方も今自分がしている仕事は将来AIやロボットに取って代わられないかどうかを考えることはとても大切な事かもしれません。

・これからAIやロボットに取って代わられる可能性のある仕事や職種・もう既にAIやロボットが導入されている仕事や職種。

①事務職・OL
②公務員(事務職)
③銀行員
④裁判官
⑤タクシー・トラックの運転手
⑥オペレーター
⑦ホテル客室係
⑧販売店員

まだまだ沢山あるかもしれませんが、これぐらいにしときます。なので上記意外の職種や仕事に就いている人も安心できないかもしれません。なので判断材料の一つに、過去の膨大な量のデータを参考にして何かを判断しなければならない仕事やマニュアル化されている仕事は近い将来早い時期にAIやロボットに取って代わられるかもしれません。

・残る仕事

①医師・看護師・介護士
②保育士
③アートディレクター
④映像ディレクター

AIやロボットは「見る」「聞く」「感じる」事が苦手です。また何かを想像したり、新しいものを創り出す事はまだできていません。 医師・看護師・介護士・保育士は 「見る」「聞く」「感じる」事がとても大切で求められる職種ですし、アートディレクター・映像ディレクターに関しては想像力・創造力が求められる仕事ですね。

最後に、今日はAIやロボットに取って代わられる仕事や職種についての話をメインにしましたが、必要以上に恐れる事はないと思っています。AIやロボットが人間の代りに仕事をしてくれることで新しい仕事や職種が生み出されるかもしれませんし、今よりもっと人の為や社会の為になるような仕事ができるようになるのかもしれません。AIやロボットを恐れるのではなく、上手く共存していく事の方が大切なのかもしれません。

このブログでいつも私が言っていますが、他人の指示がないと動けない人・マニュアル化されている事しか出来ず臨機応変が出来ない人・思考停止の人・挑戦する事を諦めてしまった人は少し焦った方が良いのかもしれません…
もしかしたら自分の事!?って思った人はこちらの記事をどうぞ↓

皆と一緒じゃないといけない。違うことしたらいけない。言われたことしかやらない。失敗したら笑われるから挑戦しない。あなた!!そのまんまいくとロボットになっちゃいますよ…