スポンサードリンク♪

毎日満員電車に乗るのが苦痛です…特にこれから暑くなってくるので会社に着いた時には汗ビッショリで体力も消耗しています。なんとかなりませんか?

おはようございます♪波蔵です。
これから暑くなってきますね💦暑い季節の満員電車は想像しただけで嫌ですよね😣って言っても正直私自身あまり実感は湧きません。私はそもそも通勤に電車ではなくマイカー通勤だからです。なので暑い夏でも車内はクーラーが効いていて好きな音楽も聞けて冷たいコーヒーも飲めるのでかなり快適です♪

私が住んでいる宮崎県では社会人の人は殆どマイカー通勤しています。マイカー通勤していない人は、職場が徒歩で行ける範囲にあるか、そもそも免許を持っていない人ぐらいになるかと思います。もし満員電車に乗ることが物凄いストレスになっているのであれば、思い切って田舎に引っ越すのもありかと思いますよ♪今勤めている会社や仕事が大好きでたまらない人には無理かもしれませんが。ですがそもそもそんな人あんまりいないでしょう😄給料を貰う為に色んな事を我慢している人の方が圧倒的に多いいでしょう。だったら田舎に引っ越しましょう♪

・マイカー通勤のメリット
①寒い冬も暑い夏も、雨が降ろうが風が吹こうが自宅から職場まで快適に移動することができる。

②職場の行き帰りに買い物をしても、車に積めるので手に荷物を持つ必要がない。

③電車の様に様々な事情で急に止まったりしない。車はメンテナンスをしっかりすれば故障することもないので、他人の事情に左右されない。故障の度合いは、メーカーや車種・国産or外車等で変わってきます。私であればトヨタかホンダをオススメします♪

④女性であれば痴漢に遭うこともないし、男性であれば痴漢冤罪に合うこともありません。そもそもマイカー通勤の車内は自分一人だけの空間なので♪

・マイカー通勤のデメリット
①交通事故の被害者や加害者になる可能性がある。

②車の購入代金・ガソリン代・維持費・車検代・修理代・自動車税の費用負担が発生する。
③都会や都市部であれば渋滞に遭う可能性が高くなるので、通勤経路や出社時間を調整する必要がある。

マイカー通勤のメリット・デメリット話しましたが私はメリットの方が大きいと考えています。例えば、交通事故の被害者や加害者になる可能性と痴漢冤罪に合う可能性を考えた時に、痴漢冤罪に遭う可能性のほうが高いと思いますし、交通事故に関しては安全運転を徹底し心に余裕を持って運転していれば、ある程度回避できると考えています。また渋滞についても都会や都市部に住まなければ渋滞に遭う事もありません。田舎に住めばいいです♪田舎は何もないと馬鹿にする人もいるかもしれませんが、田舎も良いもんですよ😄

空気は美味いし、私が住んでいる宮崎は食べ物も美味しいです♪後サーフィンする人にとっては宮崎は楽園だと思います♪海の近くに住めば出勤前にサーフィンしてから出勤することもできます。もし宮崎に引っ越すなら宮崎市が良いかと思います。コンビニやデパート書店も普通にあるので買い物に困る事もないかと思います。ですが、田舎に住むなら車は必需品になりますよ。車ないと不便です。なのでその辺を考慮するといいかと思います。

また田舎は情報が少ないとか遅いとか言われていますがそんな事はありません。今はインターネットで色んな情報を得ることができますし、洋服に関してもネットで購入できます。都会のほうが人が多良いので、楽しい反面犯罪に遭う可能性も高くなりますし、私は一概に都会の方が良いよとも田舎の方が良いよとも言えません。都会も田舎もそれぞれ良い面悪い面あると思いますし、その人その人の考えや価値観・スタイルや人生観でどちらが良いのかは変わってくると思うからです♪一番良いのは、都会・田舎生活両方体験してみて相性が良い方を選択するのがベストだと思います😄

最後に言い忘れていましたが、田舎に引っ越さなくても満員電車とサヨナラする方法あります。ですが早寝早起きできる人限定です。極端な話ですが、早起きして始発で会社に行けばいいです♪早朝の会社は誰もいないので仕事も捗るし集中できるでしょう😄メールの返信やその日の仕事の段取り、会議の資料作りや企画書を作成したり事務に関する作業を終わらせたり等できることは沢山ありますよね?新聞や色んなジャンルの本を読んで自己投資の時間に当ててもいいですし。会社に早く到着している事で心にも余裕ができるので業務上のミスも減ると思いますし、ミスが減って誠実な仕事をしていれば周囲の人の評価も上がるかもしれませんよ♪

伸び悩んでいる人や出世欲が強い方は一度早朝出社してみてはどうでしょうか?だって早朝出社にデメリットないでしょう?メリットだらけです♪ですが早寝早起きがの習慣にが出来ていない人には無理です。早寝早起きの習慣ができていない人は、とりあえず夜早く寝ることから始めましょう♪徐々に♪